東進ハイスクールのメリット

更新日:

予備校の大手には河合塾・代々木ゼミナール・駿台予備校などがあります。
予備校の知名度には全国の教室数が大きく影響していると思います。
しかし「進学率」をキーワードに予備校を探すと、東進ハイスクールが候補に入ってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は東進ハイスクールを選ぶメリットについて述べたいと思います。

東進衛星予備校(MSG network)

まず東進ハイスクールは河合塾と並んで衛星通信を最初期から活用している予備校のひとつです。
東進ハイスクールは、人気講師を集めることを立ち上げ当初からのモットーにしてきたため、少数精鋭の講義内容を全教室へ配信するメリットが大きかったのです。学校が忙しい現役生の中には予備校までの距離や通いやすさで予備校を決める方も多いと思います。全教室でクオリティの高い講義を受けられるメリットは大きいのではないでしょうか。
なお、東進衛星予備校(MSG network)ではリアルタイム中継の特別公開授業も開講しています。




学力POS(ポス)

東進ハイスクールはいつの時代も最先端を行くのが特長です。
インターネットが普及し始めるや『学力POS(ポス)』という自己管理ツールに全受講生がインターネットからログインできるようにしました。この学力POS(ポス)は、ひとりひとりが受けたテストの内容とリンクしていて、どこからログインしても模試の成績がただちに確認できるだけでなく、弱点分野の把握にも役立つよう設計されています。

東進公式アプリ

昨今の東進ハイスクールは、twitterやfacebookなどSNSの活用を積極的に企画しており、受験に役立つアプリをダウンロードできるようにしています。英単語帳や英文例題集のダウンロード件数が特に多いようですが、新技術が登場するや受験競争に役立つよう他の予備校に先駆けて開発をスタートする迅速さも東進を選ぶメリットのひとつといえるでしょう。

生徒用ログインで困ったら

生徒用ログインページ(https://www.toshin.com/pos/)に初めて入った際はアカウント登録を求められます。
正しい個人情報を入力してもエラーがでる場合は、校舎に連絡してください。
アカウントのIDやパスワードをもし忘れてしまった場合、ログインフォームのログインボタン下部にある「パスワードを忘れた場合」の項目からパスワード変更の申請が可能です。

保護者にも子どもの偏差値が分かりやすい

学力POS(ポス)は子どもの苦手分野や得意分野などを知りたい保護者にも好評らしいです。
「これまで子どもに「がんばれ」と声をかけることしかできなかったご両親も、学力POSがあれば具体的な会話を通して子どもを応援できるようになるのではないでしょうか。受験勉強は、本人のやる気が最重要ですので、子どもへの理解を深めるために、保護者の皆さんも学力POS(ポス)にログインすることをおすすめします。




過去問データベースと添削指導

東進ハイスクールは二十年以上前から『現役合格』にこだわり続けていますが、現役合格率の高さを支える秘密のひとつが過去問への対応力の高さです。公式サイト『東進ドットコム』では、インターネットやスマートフォンから、国立私立を問わず大学入試の過去問をどこよりも多く無料閲覧しています。また添削指導も受けられます。

講師の質について

東進ハイスクールの講師陣は質の高さに定評があります。
予備校教師は、公立校の先生と異なり、志望校の合格実績や受講生からの人気で給料が決まります。予備校講師にとって昇給もしくはヘッドハンティングは歓迎されることなのです。東進は、開業当初から人気講師には高額報酬を約束して質の高い講義を行えるよう腐心してきました。

授業料について

東進ハイスクールの授業料は例年、河合塾・代々木ゼミナール・駿台予備校などより高く設定されてきました。
実力講師を招いたり、最新のインフラを整備したりと、受講生のやる気を高める環境作りにはコストがかかるからだそうです。
よく「受験は本人のがんばり次第」と言います。これはもちろん正論ですが、高いレベルで競い合える環境に入ったほうがやる気を発揮しやすいかも知れません。

東進ハイスクール Toshin.com





人気の記事ランキング

-暮らし・レジャー
-, , , , , ,

Copyright© tokutoku news , 2018 All Rights Reserved.