名神高速道路の渋滞情報について(工事や通行止めなど)

更新日:

名神高速道路と言えば、東京・名古屋・大阪を結ぶ日本の大動脈の一本ですが、利用する度に交通事故の渋滞に捕まります。
盆と正月は東京から関西の地元に帰省するため、どうしても高速を走るため、渋滞情報について調べることにしました。

名神高速道路で渋滞しやすい区間

名神高速で自然渋滞が発生しやすいジャンクションやイクターチェンジを具体的に挙げると次のようになるかと思います。
自然渋滞は交通量に比例しますので仕方ないかなと思います。ゆっくりでも流れていれば、いずれは出られますので。

瀬田東JCT:京滋バイパスと名神高速道路が合流するため。
京都東IC:京都への観光客で渋滞が発生。
竜王IC:三井アウトレットパークがあるため。




名神高速道路の工事情報

インターチェンジ(IC)料金所の手前には情報板が設置されていて高速道路の通行止めなどの道路交通状況が提供されています。
が、直前で判っても回避できないという問題が。なので、先にインターネットで情報収集しておくことをお勧めします。
なお、平成29年の名神集中工事には、吹田ICから春日井ICまでの夜間通行止めがあります。期間は下記の通り。
5月15日(月曜) 午前0時 ~ 5月20日(土曜) 午前6時。
5月22日(月曜) 午前0時 ~ 5月27日(土曜) 午前6時。


事故による通行止め

自分の場合、盆と正月の帰省時か、大型連休のレジャーで交通量が増えている日しか高速道路を利用しないからかも知れませんが、名神高速では毎回事故が起きている印象です。
事故による通行止めが発生した場合、事故発生から最低一時間は完全な足止めを覚悟しなければなりません。交通警察が駆けつけて整理するまでにそのくらいの時間がかかるということです。
逆にいうと、事故の情報はラジオやインターネットにもすぐ入るので、それらを調べれば事故発生から何分くらい経っているのか分かります。
二時間以上かかる事故は、現場が悲惨な状況にある大事故ですので、イライラしてしまうのは仕方ありませんが、お悔やみの気持ちで耐えましょう。




名神高速道路の現在の渋滞情報

一昔前はラジオのみが唯一のリアルタイム情報源でしたが、現在はスマートフォンの普及によって、高価なカーナビがなくても手軽に名神高速の渋滞情報をリアルタイムで知ることができます。
NEXCO西日本の渋滞予測アプリをスマートフォンにインストールしておくと便利です。かなりの高精度という評判です。事前に渋滞することが分かっていれば、迂回路を選択することもできますよね。
(NEXCO西日本 渋滞予測: http://search.w-nexco.co.jp/forecast/)

名神高速道路の渋滞回避法

渋滞情報が分かっていても、年に何回かしか名神高速を走らない方は、抜け道とかどのICがどこと接続されているかとか分からないですよね。
高速で走っている最中にスマートフォンに夢中になるのは危険過ぎますし。
そういう時は運送会社の大型トラックを追いかけるというのも手です。運送会社のドライバーたちは無線で連絡を取り合っているし、文字通り「その道のプロ」で抜け道もばっちり知ってますので。

NEXCO西日本





人気の記事ランキング

-暮らし・レジャー

Copyright© tokutoku news , 2018 All Rights Reserved.