ベスト・ブライダルを迎えるために!

更新日:

結婚を意味言葉にウェディングとブライダルがありますが、どう違うかご存知でしょうか?
ウェディングの語源は「結婚する(wed)」で、ブライダルは「花嫁(bride)」が語源です。
つまりベストなブライダルが迎えられるかどうかは花嫁の事前の努力にかかっていると言えます。
そこでベスト・ブライダルの準備にどんな事柄があるか調べてみました。




ブライダル・インナー

結婚式の衣装はウェディングドレスだけではありません。
その下にまとうインナーも重要であり、インナーのサイズは身体にあったものを選ぶわけではありません。
スタイルのシルエットが一番きれいに見えるインナーに自分の体格を合わせるためダイエットに励まなければなりません。
考えてもみてください。結婚式の写真は何十年先まで残り続けます。目標サイズのインナーが着られるようになるまでダイエットにいそしむ価値があるはずです。

ブライダル・エステ

結婚式の数日前までにはエステに通っておきたいところです。
痩身やシェービングなどブライダルエステ専門と銘打った美容サロンも増えてきています。
ただ昔からウェディング業界は「一生に一度の結婚式だからお金をかけて」と散財させてなんぼの商売を続けてきました。
定期的に通っているエステがあれば、そこに相談してみるのが一番だと思います。




ブライダル・ネイル

結婚式では特別な髪型にセットするのは当然のことですが、つま先までこだわりを貫いて欲しいところです。
ブライダル・ネイルでは、フレンチネイルというスタイルが定番ですが、最近は数百種類のカタログを揃えている専門店まで存在します。
パールやレース、スワロフスキーなど結婚式らしい華やかさを演出しましょう。

ブライダルチェック

最後に衛生面のチェックについても一言だけ。
結婚を控えた男女の過半数がパートナーにHIV(エイズ)や性感染症の診断を受けることを希望しています。
結婚の目的として、子作りは重要な要素となりますので、不妊の可能性についてもパートナーとともに心得ておくべき問題です。
不妊については女性側にだけ問題があるわけではなく、男性側の健康状況も確認しておく必要があります。

男女の新常識?ブライダルチェックとは NAVERまとめ





人気の記事ランキング

-暮らし・レジャー

Copyright© tokutoku news , 2018 All Rights Reserved.